度ありのカラコンやメガネを上手に選ぶ|おしゃれな目元製造所

シニア女性

自分に合うものとは

ウーマン

日本は世界的に見ても眼鏡をかけている人が多いことで知られていますので、いつ自分が眼鏡をかけることになっても良いように上手な眼鏡の選び方を知っておきましょう。自分に合った眼鏡の選び方として挙げられるのが、顔の形に最適な顔を選ぶということです。顔の形は大きく分けてふっくらとした形の四角顔や丸顔、ほっそりとした面長顔と三角顔の四つの種類があります。丸顔の方はすっきりとしたフォルムの眼鏡を選ぶことで、顔全体をきりっとした印象に見せることができます。スクエアタイプのものやハーフリムタイプのものであれば、シャープなデザインとなっていますので顔全体の印象が引き締まるでしょう。逆に四角顔の場合は丸みを帯びた優しいデザインのものが似合いますので、オーバルタイプのものやリムレスタイプのものを選ぶようにしましょう。面長顔の方はカジュアルなイメージのウエリントンタイプのものが最適で、三角顔の方は落ち着いた印象のボストンタイプのものが似合います。
眼鏡の選び方として知っておきたいのがサイズで、縦のサイズと横のサイズをチェックして顔の大きさにぴったりなものを選びましょう。眉から顎までの長さの三分の一程度のものであれば、顔の印象に大きな影響を与えないと言われています。その時々によってはやりの大きさは変わりますが、大きすぎたり小さすぎたりすると顔全体のバランスが崩れてしまうので、三分の一を基準にチョイスするのが正しい選び方ということを知っておきましょう。横のサイズは狭めのものを選ぶと輪郭とのバランスが整って見えますので、そのような点を気にして選びましょう。